GMOインターネット株式会社
ホーム > 投資家の皆様へ > ごあいさつ

投資家の皆様へ

ごあいさつ

代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿

皆様には益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。

すべての人にインターネット

1995年にインターネット事業を開始してから現在まで、私達が一貫して言い続けて来たコーポレートフィロソフィーキャッチです。インターネットの普及により、経済や企業経営、そして人々のライフスタイルが新たな局面を迎え、変革を迫られている現状では、インターネットへの取り組みの重要性が更に高まります。すなわち、個人・法人いずれの立場でも、インターネットへの取り組みのスピードが勝敗や成否を決めると言っても過言では無いでしょう。

その中で私達は、すべての人が求めるインターネットに関するソリューションを、独自のサービス・技術を通じて構築し、社会に貢献する「インターネットの"場"」の提供をし、結果として「インターネットを広めること」こそが私達のミッションと考えております。


インフラの磐石な利益成長が牽引し通期業績目標を達成

当社グループは、インターネット市場の拡大を背景に、2016年12月期通期決算において業績目標を達成し、売上高1,350億円、営業利益170億円、ご契約件数は871万件を超え、なくてはならない社会インフラへと成長しています。

2016年好調なスタートを切った「枯渇しない、ストック収益の源泉」である新ドメイン「.shop」は、本年はマーケティングを本格化し、世界中のECサイトを支援してまいります。
インターネット証券事業は、GMOクリック証券のFX取引高が5年連続世界1位となりました。No.1プロダクトの開発・提供に注力し、顧客基盤、業績の拡大に努めてまいります。
そして、2015年に開始した大手金融機関との取り組みは、決済分野では三井住友銀行様とGMOペイメントゲートウェイによる合弁会社SMBC GMO PAYMENTが営業を開始し、FX・証券分野では、大和証券グループ様とGMOクリック証券が資本業務提携を進めています。また、あおぞら銀行様とGMOインターネット、GMOクリックホールディングスの3社による新銀行は2018年春の開業を目指しています。引き続き、各取り組みにご期待ください。

本年度も、上場企業9社を中心とするグループ107社、5,156名が一丸となり、新たなインターネットの文化・産業とお客様の笑顔と感動を創造し、社会と人々に貢献するべく、全力で邁進いたします。株主の皆さまにおかれましてはご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。



GMOインターネット株式会社
代表取締役会長 兼 社長
グループ代表
熊谷 正寿



Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.