ごあいさつ

すべての人にインターネット

1995年にインターネット事業を開始してから現在まで、私達が一貫して言い続けて来たコーポレートフィロソフィーキャッチです。インターネットの普及により、経済や企業経営、そして人々のライフスタイルが新たな局面を迎え、変革を迫られている現状では、インターネットへの取り組みの重要性が更に高まります。すなわち、個人・法人いずれの立場でも、インターネットへの取り組みのスピードが勝敗や成否を決めると言っても過言では無いでしょう。

その中で私達は、すべての人が求めるインターネットに関するソリューションを、独自のサービス・技術を通じて構築し、社会に貢献する「インターネットの"場"」の提供をし、結果として「インターネットを広めること」こそが私達のミッションと考えております。

各事業好調、広告・メディア事業はV字回復

当第2四半期の連結業績は、インターネットインフラ事業と暗号資産事業が好調トレンドを継続し、インターネット広告・メディア事業も内部施策の取組成果に加え、広告市況の好転からV字回復し、対前年で大幅増収増益となりました。

インターネットインフラ事業は、オンライン消費が習慣として定着したことによりEC支援・決済が引き続き好調で岩盤収益基盤がより強固なものになりました。インターネット広告・メディア事業は、商材入替や営業手法の刷新、原価低減といった前期からの取り組みが成果を上げ、売上高の伸長と利益改善を遂げました。インターネット金融事業は、活況だった前年同期と比較すると店頭FX・CFDの相場のボラティリティが低下し減収・減益となりましたが、ワイジェイFXのグループジョイン発表など、シェア拡大のための取組は着実に進んでおります。暗号資産事業は、暗号資産価格の上昇を受け好調に推移したことに加え、マイニング収益率の向上により売上高・利益とも大幅に増加し、新たな事業の柱としての業績貢献を果たしました。

新規事業への取組も継続しており、足元では、予約困難店と美食家をつなぐ飲食店の予約管理サービスを提供する株式会社OMAKASEをグループに迎え、6月にはGMOアダム株式会社を共同設立し、NFT事業に参入しました。今後の成果にご期待ください。

代表取締役会長兼社長・グループ代表

熊谷 正寿

2021年8月末日時点

TOP