ごあいさつ

すべての人にインターネット

1995年にインターネット事業を開始してから現在まで、私達が一貫して言い続けて来たコーポレートフィロソフィーキャッチです。インターネットの普及により、経済や企業経営、そして人々のライフスタイルが新たな局面を迎え、変革を迫られている現状では、インターネットへの取り組みの重要性が更に高まります。すなわち、個人・法人いずれの立場でも、インターネットへの取り組みのスピードが勝敗や成否を決めると言っても過言では無いでしょう。

その中で私達は、すべての人が求めるインターネットに関するソリューションを、独自のサービス・技術を通じて構築し、社会に貢献する「インターネットの"場"」の提供をし、結果として「インターネットを広めること」こそが私達のミッションと考えております。

営業利益・経常利益は1Qの金融の遅れで未達も最終利益は達成。10期連続増収増益

当第4四半期累計期間の連結業績は、営業利益、経常利益については1Qのインターネット金融事業の遅れが響き、業績予想には届かなかったものの、最終利益80億円は達成、10期連続増収増益となりました。

当初2018年度より開始予定であったマイニング事業が12月よりスタートし、順調な立ち上がりを見せております。新たにセグメントを創設し、仮想通貨マイニングと仮想通貨交換事業を仮想通貨事業としてご報告を行う予定です。インターネットが情報に関する「境界」を世界から取り除き、世界のあり方を変えたように、仮想通貨はお金に関する「境界」を世界から取り除き、世界の経済を大きく変える可能性を秘めています。

全世界でマイニングに参加しているコンピューターの計算スピード容量は、3万PH/sを超え、マイニング事業者は計算効率をいかに高めるかという生存競争を繰り広げています。

当社グループでは他社よりも優位性の高いマシン、電気効率の良い環境に加え、当社グループのインフラ・金融事業で培ったノウハウを最大限発揮してまいります。インターネットが私たちの生活を豊かにしてくれたように、世界を変える可能性のある「仮想通貨」を全ての人に便利に使いやすく提供し、この仮想通貨領域で世界No.1を目指してまいります。

代表取締役会長兼社長・グループ代表

熊谷 正寿

TOP