ごあいさつ

すべての人にインターネット

1995年にインターネット事業を開始してから現在まで、私達が一貫して言い続けて来たコーポレートフィロソフィーキャッチです。インターネットの普及により、経済や企業経営、そして人々のライフスタイルが新たな局面を迎え、変革を迫られている現状では、インターネットへの取り組みの重要性が更に高まります。すなわち、個人・法人いずれの立場でも、インターネットへの取り組みのスピードが勝敗や成否を決めると言っても過言では無いでしょう。

その中で私達は、すべての人が求めるインターネットに関するソリューションを、独自のサービス・技術を通じて構築し、社会に貢献する「インターネットの"場"」の提供をし、結果として「インターネットを広めること」こそが私達のミッションと考えております。

売上高、営業・経常利益が過去最高を更新

当第3四半期累計期間(1-9月)の連結業績は、中核事業であるインフラ事業の継続的な成長、また金融事業が上半期に市場のボラティリティーの高まりを受け好調に推移したことから、売上高、営業・経常利益が最高業績を更新しました。

インフラ事業は、巣ごもり消費・オンライン消費の拡大もあり、EC支援・決済・アクセスの各事業の成長が加速しています。コロナ禍において、オンラインの重要性に対する“意識“が、消費者様・事業者様ともに変わってきているのを感じています。
金融事業は、FXシェアNo.1拡大に向けたスプレッドの引き下げにより短期業績は一旦落ち込んでいますが、中長期的な目線では必要なアクションだと捉えています。
また、FXに次ぐ第二の収益の柱としてCFDが育ってまいりました。
一方、広告・メディア事業は、足元は回復基調にあるものの、ネット広告市場全体が低調に推移している影響を受けています。また暗号資産事業は、交換事業は好調に推移しているものの、マイニングは事業再構築の影響が残っています。

私たちはこれまでの、インターネットのインフラを複合的に提供する「あると便利な会社」から、「GMO電子印鑑Agree」や、GMOあおぞらネット銀行のサービスを通じ、急速に進む社会のDXを支える「なくてはならない会社」としての役割を果たしてまいります。

代表取締役会長兼社長・グループ代表

熊谷 正寿

2020年9月末日時点

TOP